実績豊富な先生がいる美容外科ならタトゥー除去を安全に行う事が可能

半裸の女性

タトゥー除去を頼む前にビフォーアフターの写真を見よう

美脚

結婚や就職を控えてタトゥー除去を検討中の方は、まず、腕のよい美容外科を探すことから始めましょう。今では、カラフルなタトゥーやサイズが大きいタトゥーであっても、レーザー治療によって、皮膚に目立つ傷跡をほとんど残さずに消すことが可能です。タトゥー除去のためのレーザー治療に使用する機械の性能にそれほど差があるわけではないので、タトゥー除去が上手にできるかどうかは、施術してくれる医師の経験値によるところが大きいです。
腕のいい医師かどうかの見極めは、その美容外科の利用者によるレビューコメントも参考になりますが、もう一つ参考になる資料が、症例写真です。タトゥー除去を行っている美容外科では、ホームページなどでも、タトゥー除去を行ったビフォーアフターの写真をいくつか掲載しているところがあります。タトゥーは、一つ一つ性質が違うものなので、必ずしも、過去の施術例通りに、自分のタトゥーも除去できるとは限りません。しかし、サイズや色が近いタトゥー除去症例の写真を見ることで、タトゥーを消した後の自分の肌がどのような外観になるのか、おおよその見当がつくでしょう。それによって、本当にタトゥー除去したいかどうか、自分の決意のほどをしっかり確認することにもつながりますよ。

美容外科で可能なタトゥー除去の内容について

社会人になる頃、或いは、社会人デビューしてしばらくたって、昇進や転職の機会が巡ってきた場合など、昔体に入れたタトゥーを消す必要に迫られる人もいます。そんな場合は、美容外科でレーザー治療を受ければ、タトゥー除去が可能です。
そうは言っても、実際問題として、どんなタトゥーでも消せるものなのか、気になるところですよね。というのは、タトゥーにもいろいろあって、一色で入れたシンプルなもの、色数は少ないものの、凝ったデザインのもの。シンプルだけどサイズが大きいものや、カラフルで背中一面に入れたものなど、実に様々です。
レーザー治療を選択した場合、こういったタイプのタトゥー除去は、原則的にすべて対応可能です。ただ、その美容外科のこれまでの経験や施術者のスキル次第で、最終的な仕上がりには、多少の差が出るかもしれません。
美容外科にタトゥー除去の相談に行くと、自分が入れたタトゥーの状態についてよく診た上で、最適な施術方法について説明してくれます。まずは、その説明をよく聞きましょう。説明に関して不明な点があれば、自分の体の事なのですから、遠慮などせずに何でも質問することが大切です。また、治療中、治療後のケアに関する施設からの指示事項も、きちんと守るようにしましょう。

レーザー治療でのタトゥー除去にかかる日数

若気の至りで入れたタトゥーを消したいとお困りの方は、美容外科を訪れてみてはいかがでしょうか。美容外科では専門医が患者のカウンセリングをしっかり行ったうえで、タトゥーの状態に適した治療プランを提案してくれます。タトゥー除去をしたい事情は人によって様々ですが、その辺りも配慮したうえで治療を行ってくれますので、安心して相談してみましょう。
さてその美容外科では、レーザーを使ったタトゥー除去手術となります。レーザー治療の良いところはメスを使わないので治療痕が残りにくく、他の除去手術と比べても痛みが少ないことです。もちろん個人差がありますし、全く痛みを感じないわけではありませんが、体に負担が少ない方法なのは確かです。
ではここでタトゥー除去治療にかかる日数について見ていきましょう。これはタトゥーの大きさや色の深さによっても変わってきますが、1~2週間に1度の施術でおよそ3か月から半年ほどかかるケースが多いようです。レーザーで1度に照射できる範囲ははがき1枚分くらいなので、それより小さいワンポイントタトゥーの場合はもっと早い期間で除去できることもあります。というわけで現在、タトゥーでお悩みの方はお近くの美容外科にご相談くださいね。

TOP